東京の居抜き店舗の探し方の紹介サイト

東京の居抜き店舗の探し方を丁寧に紹介しています

東京の居抜き店舗に見られる特徴

東京で飲食店の開業を計画する際のポイントの1つが、開業資金を抑えるということです。開業資金にお金をかけたとしても、すぐに商売が軌道に乗るとは限りません。商売が軌道に乗るまでの運営費を考えて、初期費用はできるだけ抑えることが大切なのです。初期費用を抑えて貯金を残せれば、運営が軌道に乗るまでの費用として貯金を利用できます。飲食店の開業に必要な費用を抑えるための選択肢の1つが、居抜き店舗の利用です。この物件を選択することで、開業物件の確保に必要な費用を最小限に抑えることにつながります。ですが費用を抑えるためとはいっても、メリットばかりとは限りません。メリットがあれば、必ずデメリットも存在しています。そこでデメリットまで考えたうえで、開業物件をどのように確保するのか考えていくことを忘れないようにしましょう。

メリットとデメリットについて把握しよう

東京は他の都市と比較して、物件の相場が高めです。そのため物件を借りるだけでも、別の地域よりも費用がかかります。そのような土地で開業物件を確保するからこそ、費用が節約できるのかというのも大切なポイントです。そこで居抜き物件に注目してみましょう。居抜き店舗のメリットとして、最初から厨房設備が整っているという点があげられます。飲食店の開業では、厨房設備の改修に費用がかかります。ですが最初から厨房設備がある物件を選ぶことで、店内の改修にかかる費用を最小限に抑えられます。一方でデメリットとして、レイアウトの自由が狭まるという面もあります。すでに厨房の位置は決まっているため、思うような店内のレイアウトにできないケースが多いのです。そのようなデメリットも踏まえたうえで、開業物件を選びましょう。

見学時にチェックするべきポイントを知ろう

実際に東京で居抜き店舗を探すのであれば、見学時のチェックポイントについてあらかじめ把握しておきましょう。チェックするべき点を把握しておくことで、契約してから後悔するというリスクを防げます。まず居抜き店舗をチェックするポイントとなるのが、厨房設備がそのまま利用できるのかという点です。厨房設備があったとしても、設備が劣化していたら、改修にかなりの費用がかかることもあります。費用を節約するために厨房設備がある物件を選ぶからこそ、設備の状態について確認することを忘れてはいけません。またすでに設備がある店舗ということは、前に物件を使っていた方がいたということです。そこでどのような物件が使っていたのか把握しておくことも大切です。前の所有者の評判が悪いと、開業したときに悪影響が出ることもあります。だからこそ、前の所有者に関する情報を入手しておくことも必要なのです。