東京の居抜き店舗の探し方の紹介サイト

東京の居抜き店舗の探し方を丁寧に紹介しています

最近の東京では居抜き店舗が人気です

日本では数多くのサービスを提供している産業がたくさんあります。レストランや喫茶店、バーなどを営業する飲食店をはじめ、美容院やエステサロンなどの美容系、物販店や歯科医院、カラオケなどの娯楽施設などその種類は非常に多岐にわたります。飲食店などで修行を重ねて独立する人や、自分の夢や目標をかなえる為に起業する人もいます。開業する時には色々な準備が必要です。その中でも営業を行う店舗の選定は、経営が軌道に乗せるためにも非常に重要なポイントになります。立地条件は集客見込みに大きな影響を及ぼします。営業する業種によって必要な設備投資や内装の工事など、初期費用を以下に抑えながら自分の理想とする環境を作り出すかも大切です。ランニングで支出となる家賃なども含めて収支のバランスを考えて選定する必要があります。このような状況の中で店舗を開店する時には、居抜き店舗を中心に不動産を探している経営者もいます。

居抜き店舗とは?その特徴とメリット

居抜き物件とは、前のテナントである借り手が使っていた内装や設備をそのままに引き継いで使用できる物件のことを示します。前テナントから内装や設備を引き継ぐことを造作譲渡と呼び、無料で引き継ぐ場合と買取の2種類がありますが、一般的には買取で引き継ぐ方が多くなります。買取の際には、設備の元値や使用状況などを踏まえて値段を交渉して決めることになります。居抜き物件を使用するメリットとして大きな点は、内装や設備などにかかる初期費用やランニングコストを低く抑えることができます。そのことは経営の安定に大きく影響します。また、内装工事や設備を購入して設置するなどの手間が省けるために、開業までの時間も大幅に短縮できることも挙げられます。前テナントと同業種であれば、前の顧客を取り込むことも期待できるのです。

東京で居抜き店舗が人気の理由とは

日本の首都である東京は、日本における経済や政治、数多くのマーケットの中心地でもあります。地域によって差はありますが人口密度も高く、数多くの人々が集まる場所としても知られています。人が集まる場所はビジネスチャンスが多いとも言い換えられます。すなわち、東京はさまざまなサービス産業において起業する時には魅力がある土地と言えるのです。東京では居抜き店舗を探す人が多く人気がありますが、その理由はどのような点にあるのでしょうか。この地は一般的に地価も高く、毎月の家賃が地方の場所と比べて高くなる傾向にあります。いくら集客数に期待ができても、月々のランニングコストが高くなってしまえば、経営の安定を妨げることにもなりかねません。居抜き物件を利用して初期費用を抑えることは、融資の返済金なども抑えて毎月の経費を削減することにも繋がります。また、準備期間を短くできることで、前テナントの顧客や近隣を利用している潜在的な消費者の意識がその場所に残っている間に営業を開始できる利点もあるのです。